2011年6月7日
NTTアイティ株式会社

社外から社内の情報資産を活用したWeb会議に参加できる
「スマートテレワークサービス」を新発売

〜セキュアリモートアクセスとWeb会議をシームレスに統合〜

   NTTアイティ株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役社長:岡田 和比古)は、従来より、社外から社内の自席PCやサーバに安全にリモートアクセスするマジックコネクトサービスと、インターネットを経由してWebブラウザで
会議を行うミーティングプラザサービスを提供してまいりました。
   このたび、大震災後のテレワークサービスへの要望に対応するため、自宅などの社外にいても、社内の情報資産を活用しながらWeb会議に参加できる「スマートテレワークサービス」を、6月8日(水)より販売開始いたします。
   「スマートテレワークサービス」により、社外から参加するWeb会議においても、社内の情報資産を活用できるため、意思決定が的確に行え、効率的に会議を進めることが可能となります。
   「スマートテレワークサービス」の発売を記念して、初期費用を半額にするキャンペーンを、6月8日(水)から
9月30日(金)まで実施いたします。

■ 販売開始の経緯

   大震災後、自宅等の社外で業務を可能とするテレワークへの関心が高まっております。しかし、テレワーク時にWeb会議に参加する場合、手元に社内の情報資産がないため、的確な判断ができにくいことが課題でした。そのため、お客様より、社内の情報資産を活用しながらWeb会議ができるテレワークサービスの要望が寄せられておりました。
   そこで、こうした課題を解決するため、マジックコネクトサービスとミーティングプラザサービスを同時に利用できる「スマートテレワークサービス」を製品化しました。
   マジックコネクトサービスは、1,600社で利用されているリモートアクセスサービスです。社内の情報を社外に持ち出さずに、安全にテレワークが実現できます。また、ミーティングプラザサービスは、3,000社以上の導入実績を持つWeb会議サービスです。
   「スマートテレワークサービス」では、社外のPCから社内の自席PCにマジックコネクトで接続した状態で、社外のPCからミーティングプラザのWeb会議に参加します。
   ユーザは、社内の情報資産を活用しながらWeb会議に参加できるため、意思決定が的確に行え、効率的に会議を進めることが可能となります。

■ スマートテレワークサービス」の特長

   マジックコネクトで使用するUSBキーの中に、リモートアクセス機能の他に、ミーティングプラザで必要となる会議室予約・簡易ログインサイトのURL、各種WebメールサービスのURLを格納しました。ユーザはマジックコネクトを使用しながら、簡単な操作でミーティングプラザのWeb会議に参加できます。
   Web会議に参加している間もマジックコネクトを使用できるため、社内の情報資産を活用しながら的確な判断を下すことが可能となります。また、ミーティングプラザの機能を活用して、自分が見ている社内の情報資産を安全にWeb会議の参加者に提示することも可能です。
   さらに、USBキーを自宅や外出先のWindows PCへ装着するだけで、マジックコネクト、ミーティングプラザが利用できるため、自分用のノートPCを持ち歩く必要がなくなります。

■ スマートテレワークサービス」の運用手順

1. 社内での初期設定

  (1) 社内の自席PCにマジックコネクトの待ち受けソフトをインストールし、ID、パスワードを設定します。


2. 社外での操作

  (1) USBキーを自宅や外出先の任意のPCに挿入します。

  (2) USBキーに格納されているマジックコネクトのビューアを起動し、社内の自席PCへ接続して、
       テレワークを行います。

  (3) Web会議を開催する場合は、USBキーに格納されている会議予約アイコンをクリックします。

  (4) Web会議を予約すると会議開催案内のメールが出席予定者に送信されます。テレワーク中の出席予定者には、
       社内アドレスに会議開催案内が届きます。

  (5) テレワーク中の出席予定者は、社内アドレスで受信した会議開催案内のメールをWebメールサービスの
       自分のアカウントに転送し、テレワーク先のPCで再度受信します。

  (6) テレワーク中の出席者は、マジックコネクトで社内の情報資産にアクセスしながら、Web会議に参加します。
       自分が見ている社内の情報資産を、ミーティングプラザのアプリケーション共有機能を用いて、他の参加者に
       提示することが可能です。

  (7) Web会議終了後は、必要に応じてマジックコネクトでテレワークが継続できます。


スマートテレワークの構成
図1  スマートテレワークの構成

■ 提供形態

     サービス提供するサーバを、ユーザで共同利用するASPサービスで提供

■ 価格(消費税別)

     スマートテレワークサービス」の発売を記念して、初期費用を半額にするキャンペーンを、
6月8日(水)から9月30日(金)まで実施いたします。

初期費用 45,000円から
(定員5名(内テレワーカ1名)の会議室を月5時間まで使用する場合。
テレワーカが1名増加すると15,000円増加します。)
ただし、9月30日(金)までは半額の22,500円から
年間使用料 138,000円から
(定員5名(内テレワーカ1名)の会議室を月5時間まで使用する場合。
テレワーカが1名増加すると18,000円増加します。)

■ スマートテレワークサービス」の利用例

  (1) 出社困難時の在宅勤務、自宅からの会議参加

  (2) 出張先からのテレワーク、会議参加

  (3) 国外との打ち合わせ、国外出張時のリモートアクセス

■ 販売開始時期と販売目標

  販売開始:2011年6月8日(水)

  販売目標:年間 1,000アカウント

<本件に関するお問い合わせ先>

NTTアイティ株式会社

担当 谷藤、栗原
TEL 045-651-7511または、045-651-7555
FAX 045-651-9535
E-mail info-ma@ntt-it.co.jp
URL http://www.ntt-it.co.jp/

(参考)

● マジックコネクト (URL http://www.magicconnect.net/)

「マジックコネクト(MagicConnect)」は、会社の自席PC、サーバへ社外からアクセスし、テレワークができるクラウドサービスです。会社のPCのデスクトップ画面だけを社外に持ち出して作業するため、情報ファイルの流出がない安全なリモートアクセスサービスです。クラウドサービス提供の他にシステム販売も行なっております。

● ミーティングプラザ (URL http://www.meetingplaza.com/)

「ミーティングプラザ(MeetingPlaza)」は、パソコンとカメラ、マイク、インターネット回線を利用し、最大32拠点から参加可能なWeb会議クラウドサービスです。TV会議専用端末との接続や、HDサイズの高解像度表示、スマートフォンからの参加も可能です。クラウドサービス提供の他にシステム販売も行なっております。