2011年7月11日
NTTアイティ株式会社

臨場感の高いテレワーク環境を実現する
「スマートテレワークHP(ハイプレゼンス)サービス」を新発売

〜テレワーカの疎外感を低減し、勤怠管理ができるテレワークサービスをクラウドで提供〜

   NTTアイティ株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役社長:岡田 和比古)東日本大震災以降、
一段と関心の高まっているテレワークサービスへの要望に対応するため、「スマートテレワークHP(ハイプレゼンス)サービス」を7月12日(火)より開始いたします。
   「スマートテレワークHPサービス」では、テレワークの課題とされてきた同一オフィスで業務を行えないテレワーカの疎外感を軽減し、業務への参加意識向上やコミュニケーションの確保を実現しています。さらに、従来は困難とされていた管理者による社員の勤怠管理、情報管理、生産性管理も可能となります。
   「スマートテレワークサービス」の発売を記念して、初期費用を半額にするキャンペーンを、7月12日(火)から
9月30日(金)まで実施いたします。

■ 販売開始の経緯

   NTTアイティでは、従来よりインターネットを経由して、Webブラウザで会議を行うミーティングプラザサービスと、社外から社内の自席PCやサーバに、安全にリモートアクセスするマジックコネクトサービスを提供してまいりました。ミーティングプラザサービスは、3,000社以上の導入実績を持つ資料共有型Web会議サービスです。また、マジックコネクトサービスは、1,600社で利用されているリモートアクセスサービスです。
   今回販売を開始する「スマートテレワークサービス」は、これら2つのサービスを組み合わせ、より臨場感の高いテレワーク環境を実現するサービスです。ミーティングプラザにより、テレワーカとオフィスの映像を常時配信して臨場感を高めるとともに、マジックコネクトにより、共通の仮想デスクトップサーバで業務を遂行することで、参加意識やコミュニケーション、情報管理の課題を解決し、製品化を実現しました。

■ 「スマートテレワークHPサービス」の概要

   「スマートテレワークHPサービス」は、テレワーカの疎外感を低減し、勤怠管理ができるテレワークサービスをクラウドで提供するサービスです。テレワーカは、ミーティングプラザサーバへ接続してテレワーカ相互の映像とオフィスの映像を共有すると同時に、自宅等のPCから仮想デスクトップサーバにマジックコネクトで接続してPCデスクトップ業務を行います。
   テレワーカは、常時、他のテレワーカやオフィスの映像を見ながら業務が行えるため、疎外感が少なく、業務への参加意識が醸成されます。管理者は、テレワーカの映像を見ながら勤怠管理が行えます。また、テレワーカは仮想デスクトップサーバへ接続して業務を行うため、情報ファイルが社外に流出することがありません。管理者は仮想デスクトップサーバに保存されたテレワーカのファイルを確認することにより、生産性の管理が可能となります。
   「スマートテレワークHPサービス」では、全員がテレワーカの場合、ネット上の仮想企業(バーチャルカンパニー)を構成することも可能となります。

■ 「スマートテレワークHPサービス」の特長

  (1) 他のテレワーカやオフィスの映像の常時配信により、疎外感の低減や参加意識の醸成を実現。

  (2) 接続ログによる時間管理、映像による勤怠管理が可能。

  (3) 仮想デスクトップサーバを利用したテレワークにより、情報漏洩の危険性を低減。

  (4) 仮想デスクトップサーバの業務ファイル確認によるテレワーカの生産性管理が可能。

  (5) スマートキー(USBキー)による安全な接続認証が可能。

  (6) テレワーカの自宅PCを業務で利用可能。

  (7) 必要なときに、すぐに資料共有型TV会議による打ち合わせが可能。

  (8) チャットによる社員間の意見交換を常に利用可能。

  (9) 勤務時間中の状況を全て録画して記録することが可能。

■ 「スマートテレワークHPサービス」の利用例

  (1) 出勤困難時のテレワーク

  (2) 世界中の専門職を活用した仮想企業

  (3) 出張先、遠隔事業所でのテレワーク など

■ 「スマートテレワークHPサービス」の効果

  (1) オフィススペースの削減により、オフィス貸借料、照明費用、エアコン費用、光熱費用などのコストダウンが
       可能となる。

  (2) テレワーカの通勤が不要なため、多様なライフスタイルの選択が可能となる。

  (3) 経営者は世界中の有能な人材をパートタイマーとして雇用することが可能となる。

スマートテレワークHPの構成
図1  スマートテレワークHPの構成

■ 提供形態

     サービス提供するサーバをNTTアイティが提供し、多数のユーザで共同利用するクラウドサービスで提供

■ 価格(消費税別)

     テレワーカ5人以上で販売致します。
     「スマートテレワークHPサービス」の発売を記念して、初期費用を半額にするキャンペーンを、7月12日(火)から
9月30日(金)まで実施いたします。

品目 利用形態
初期費用 テレワーカ5人のとき     105,000円から
ただし、9月30日(金)までは半額
年間使用料 テレワーカ5人のとき     590,000円から
テレワーカを追加する場合、契約更新時まで月割りで計算

■ 販売開始時期と販売目標

  販売開始:2011年7月12日(火)

  販売目標:年間 1,000アカウント

<お問い合わせ先>

NTTアイティ株式会社

担当 栗原、谷藤
TEL 045-651-7555または、045-651-7511
FAX 045-651-9535
E-mail info-st@ntt-it.co.jp
URL http://www.smarttelework.net/

(参考)

● ミーティングプラザ (URL http://www.meetingplaza.com/)

「ミーティングプラザ(MeetingPlaza)」は、パソコンとカメラ、マイク、インターネット回線を利用し、最大32拠点から参加可能なWeb会議クラウドサービスです。TV会議専用端末との接続や、HDサイズの高解像度表示、スマートフォンからの参加も可能です。クラウドサービス提供の他にシステム販売も行なっております。

● マジックコネクト (URL http://www.magicconnect.net/)

「マジックコネクト(MagicConnect)」は、会社の自席PC、サーバへ社外からアクセスし、テレワークができるクラウドサービスです。会社のPCのデスクトップ画面だけを社外に持ち出して作業するため、情報ファイルの流出がない安全なリモートアクセスが可能です。クラウドサービス提供の他にシステム販売も行なっております。