お知らせ

用途ごとの会議室作成が可能

お客様のご利用に合わせて、様々な用途の会議に対応できます。

会議室管理者の手をわずらわせず、自由な会議の運用

question 利用シーン: 「会議室の運用は、会議の参加者に行ってもらい、管理の手間を減らしたい。」

question 利用シーン: 「メンバーがいつでも簡単に集まれる会議室があれば良いのだけど・・・」

question 利用シーン: 「部署やプロジェクトごとに、見える会議室を分けたい。」


hint 常設会議室のエントランスURLを会議参加者に連絡し、すぐに会議室に入ることができます。


エントランスURLを選択 arrow 会議室を選択しログイン


hint 許可する部屋群をユーザ指定した、専用エントランスURLも作成できます。


    ---------------------------------------------------------
    全社会議室とA事業部会議室のエントランスURL: http://host/teamroom/easy.cgi?xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
    全社会議室とB事業部会議室のエントランスURL: http://host/teamroom/easy.cgi?yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy
            :
    ---------------------------------------------------------


  • ※エントランスURLに、パスワードを設定することもできます。

会議室管理者が、きめ細かく管理を行なう会議の運用

question 利用シーン: 「ユーザ毎に、見える会議室を分けたい。」

question 利用シーン: 「登録したユーザーに、予約会議室の予約を任せたい。」


hint 会議室管理者が「登録ユーザー管理」よりユーザーを登録します。
      参加者ごとに見える会議室や会議予約を許可する設定が行なえます。


登録ユーザー管理 arrow ユーザーの登録


ユーザーにより、表示する内容が異なります。

会議予約を許可したユーザー arrow 会議予約を許可しないユーザー
例:会議予約権限を許可
     「営業部会議室」「共通部門会議室」のみ許可した場合

例:会議予約権限なし
     「技術部会議室」「○○プロジェクト会議室」のみ許可した
     場合


  • ※登録ユーザー数の上限は、ご契約いただいたサービスの最大同時接続数の10倍まで登録可能です。

▲ ぺージトップへ

その他記載されている商品名、製品名は各社の商標または登録商標です。