(参考)アプリケーション共有
 

共有したいアプリケーションを選ぶ(図1)
・予め使用したいアプリケーションを、共有される端末で起動しておきます。
・クライアント側には、共有可能なアプリケーションの一覧が表示されます。
 使用したいアプリケーションを選択すれば、共有が開始されます。(図1-2)
・「最小化」してあるアプリケーションは表示されません。



(図1)


(図1−2)


遠隔地のアプリケーションを共有する(図2)
・共有可能なアプリケーションの一覧から Excel を選択した例です。
・Excel の「再計算機能」や「グラフ」機能を使ってデータを処理すれば、会議参加者の全端末に表示されている「結果」がリアルタイムで更新されます。
・アプリケーションは、上部のアイコン「T]をクリックし「制御権」を取得すれば、 まるで自分のパソコンに入っているソフトのように共有先のマシンが遠隔操作可能です。
・操作が終了したら「制御権」はアイコン「R」で開放します。



(図2)


デスクトップ共有で遠隔地の端末を操作する(図3)
・Program Manager を「共有するアプリケーション」として指定すれば、遠隔地の端末が自由に操作可能となります。
・アプリケーション共有では、自分のパソコンに「インストールされていない」アプリケーションでも共有端末にインストールさえされていれば、自由に使用することが可能です。
・CADソフトのファイル等、「ブラウザで表示できないファイル」もアプリケーション共有機能を使用すれば、会議中に参照し、その場で編集することも可能です。



(図3)




文書共有ウインドウの複数ページ化(タブ表示化)に進む