MeetingPlaza Web会議Version8.5新機能のご紹介

ミーティングプラザ Web会議は、2017年2月22日に新バージョンVersion8.5を発表しました。
新しく追加された便利な機能をご紹介します。

v8.5新機能初めて利用する人でも安心「コンパクトセミナー」画面レイアウトを追加

MeetingPlazaを初めて利用する人でも簡単に利用できる画面レイアウトを追加しました。
主催者が会議を主導しやすく、参加者の設定トラブルなどにも対応しやすいインターフェースを実現しています。

「コンパクトセミナー」画面レイアウトは小規模会議、研修、講義など少人数利用シーンでのご利用がオススメです。

v8.5新機能初心者や操作に不慣れな利用者でも大丈夫!「アシスタント機能」を追加

「音が聞こえない」「声が伝わらない」「カメラが使えない」など、参加者の方が困ったらヘルプボタンを押しましょう。
表示される指示に従って操作するだけで、主催者にトラブル状況を伝えることができます。
主催者も画面に表示される指示に従って操作するだけで、参加者側の音声設定、映像設定を遠隔から変更できます。
参加者にWeb会議の予備知識がない場合でも「アシスタント機能」を利用すると円滑に会議を進められます。

遠隔サポートの操作イメージ

v8.5新機能大事な説明もしっかり保存!「自動録画機能」を追加

会議開催と同時に自動的に録画が開始されます。
不動産向けIT重説(※1)や金融機関の窓口支援での応対記録などでのご利用にも最適です。

※1 不動産向けIT重説(IT を活用した重要事項説明に係る社会実験)・・・不動産契約手続のIT化推進を目的として2015年8月末から国土交通省が行っている社会実験です。NTTテクノクロス社は、株式会社いい生活と提携し、IT重説社会実験に参加中の不動産会社様にMeetingPlazaをシステム提供しています。(国土交通省HP) http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_tk3_000112.html

v8.5新機能ユーザビリティ改良で使いやすさを改善

■マイク・スピーカー、Webカメラデバイスの自動接続検知
・会議中にUSBタイプのマイク・スピーカー、Webカメラを接続し、パソコンが認識すると自動的に会議内でメッセージが表示され、追加した機材を選択できます。
・デバイスの接続忘れによる会議室への再入室等の手戻りがなくなります。

■アプリケーション共有機能の向上
・共有映像の品質向上で、より精細な映像での共有が可能となりました。
・マウスカーソルの視認性を向上させました。

■動作確認ツールの改良
・操作のステップ数を減らし、初めて利用する人でも簡単に設定ができるようになりました。

TOPページに戻る