Web会議入門働き方改革(ワークスタイル変革)の観点から

Web会議と働き方改革

働き方改革とWeb会議

テレワーク・ディが2017年7月24日に開催されました。
「働き方」を変える、という観点から、今後、こういった社会的な取り組みが増えてくるかと思います。
業種、職種によりテレワークへの取り組みに対するハードルの高さも違いますが、テレワークが増えることによってWeb会議が貢献できるポイントはどのようなものがあるでしょうか。

一番大きなものは、会議形態の変化への対応になります。
今までは会議室と会議室を結ぶ形態が主だったものが、テレワークが推進されることによって参加単位(接続単位)が個人毎にシフトしていきます。
具体的には、2拠点を結んでいた会議が、2拠点+2人、3人と増える可能性があります。

このような社会的な流れの中で多拠点が接続した場合の音声・映像の安定性がさらに求められる条件となり、接続数が増えると不安定になったり、利用帯域がものすごく増えるといったサービス・システムでは、安心して利用することが難しくなります。
テレワークを推進するにあたり、スケーラビリティ等も考慮したWeb会議製品の選択が必要になってきます。

モバイルでのWeb会議利用

また、モバイル端末での利用がさらに増加する傾向になり、ノートパソコン、タブレット等での快適な利用ができるものが必要となってきます。
特にタブレット等では筐体の関係から、音が廻り込みやすいものもあるようです。
より幅広いモバイル端末でWeb会議を利用するためにも、エコーキャンセラー機能やノイズキャンセラー機能等がソフトウェアとして準備されている、よりよい音質でWeb会議を利用できるサービスを選択することも大事なポイントとなります。

MeetingPlaza Web会議のご相談はこちらへ

Web会議の導入を初めて検討される方向けのコンテンツを集めたWeb会議入門ページです。利用する環境や機材、利用シーンや豆知識など、Web会議に関する幅広い情報をお伝えしています。「MeetingPlaza Web会議」ではお客様の導入検討からお悩み解決までワンストップでご提案いたします!お気軽にお問い合わせください。

TOPページに戻る