Web会議入門働き方改革をWeb会議で実現する現場のメリット

Web会議と働き方改革

「働き方改革」を推進する観点でWeb会議システムを導入すると、オフィス以外で業務を行う方々に大きなメリットがあります。

「働き方改革」を推進する観点でWeb会議システムを導入すると、オフィス以外で業務を行う現場の方々、テレワーカー、モバイルワーカー、在宅勤務者の皆さんに大きなメリットがあります。

では実際にWeb会議を導入した場合、どのようなメリットがあるか検討してみましょう。

移動時間・コストを削減

例えば、お客様を訪問して打ち合わせ後、急に自社オフィスで社内打ち合わせが入った場合。
従来であれば、出張先からオフィスに戻って打ち合わせが終わった後に帰宅する段取りになりますが、Web会議が利用できると出張先から直接オフィスでの打合せに参加できるため、移動時間と交通費を削減することが可能となり、また社員の労力軽減にも繋がります。
また、オフィスにいる打ち合わせメンバーも出張者の帰社を待たずに打ち合わせを開催できるため、時間の有効活用を見込めます。

Web会議の導入で移動時間・コストを削減

多人数のスケジュール調整がしやすくなります

特に外回りが多い営業メンバーとの打ち合わせが必要な場合、参加メンバーのスケジュール調整で苦労することが多いです。
Web会議が利用できれば全参加メンバーがオフィスに集合する必要もなく、個人ごとに出先からの会議参加が可能となります。
各メンバーのスケジュールを無理に押さえる必要が無くなります。

Web会議の導入で多人数のスケジュール調整がしやすくなります

世界と国内をつなげる=国内メンバーがサポートできる!

海外出張チームで進めている案件があったとしても大丈夫!
線表やToDo管理、課題管理もWeb会議の資料共有機能を有効活用すれば、国内メンバーが効率的に案件をサポートすることが出来ます。

Web会議の導入で、世界と国内をつなげます

メンバ同士のコミュニケーションUP、一体感造り

複数の拠点にメンバーが分散して案件を進めている場合、定期的な打ち合わせを開催して、意思疎通や課題管理、進捗管理を行いたいところです。
さらには、参加している全メンバーが参加するWeb会議の場を設けることで自発的な発言を促し、日々の会話を通したコミュニケーション力の向上へとつなげる機会を提供します。
会社全体で導入するトップダウンの施策としての導入検討だけではなく、プロジェクトを預かるプロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダーの判断で案件の期間だけ限定的に利用することで、プロジェクト参加メンバーの業務環境を整えることにも利用可能です。
ASPサービスなら月額固定での運用も可能なため、案件内費用での運用も十分考慮できます。

Web会議の導入でメンバ同士のコミュニケーションUP、一体感造りを!

特に個人毎のスケジュールに余裕が出来ること、距離や業務内容などの要因で通常であれば繋がりにくいメンバー同士のコミュニケーションの活発化が見込めることが、現場から見たWeb会議導入のメリットと言えます。

Web会議(ウェブ会議)・テレビ会議システムの導入を初めて検討される方向けのコンテンツを集めたWeb会議入門ページです。利用する環境や機材、利用シーンや豆知識など、Web会議に関する幅広い情報をお伝えしています。「MeetingPlaza Web会議」ではお客様の導入検討からお悩み解決までワンストップでご提案いたします!お気軽にお問い合わせください。

TOPページに戻る