Web会議入門働き方改革をWeb会議で実現する企業のメリット

Web会議と働き方改革

働き方改革をWeb会議で実現する企業のメリットは?

「働き方改革」を推進しようとする企業側の立場から見た場合、働く時間の自由度に主眼を置いたフレックスタイム制の導入や勤務場所の自由度を上げるためのサテライトオフィス整備、在宅勤務制度の導入など、多種多様な施策が検討対象となります。
いろいろな施策を導入検討する際に、Web会議システムを「働き方改革」の1施策として導入した際の企業側のメリットをご紹介します。

時間や費用の有効活用

時間や費用の有効活用と交通費や移動時間が掛かるお客様への営業アプローチツールとして効果的です

まずは、本店・支店間の会議や国内・海外支社間の定例報告会などで発生する交通費、移動時間の削減が見込めます。
移動時間や費用が掛からないことで、従来は開催できなかった会議の開催が容易となり、積極的な議論の場を持つことが出来ます。

交通費や移動時間が掛かるお客様への営業アプローチツールとしても効果的です。
営業的な視点でも、Web会議を使って顔を見ながら行うヒアリングや、資料共有機能を交えた検討提案を行うことで、移動時間や費用を抑えながらも充実した営業初期対応を積極的に行うことが出来ます。
また、遠方の有望なお客様向けに継続的な営業活動や保守・サポートを行う際に、Web会議を用いて顔を合わせての営業/保守アクションを実施することで、距離に依存しない手厚い施策を取ることができます。

多様な勤務体系を導入した際のコミュニケーション補助

Web会議は多様な勤務体系を導入した際のコミュニケーション補助ツールです

自社内での働き方改革を進めるため、在宅勤務やフレックス勤務など、勤務場所や時間に自由度がある勤務体系の積極導入が進んでいます。
勤務場所や時間帯が異なると、同じ案件を扱うチームメンバーや同じ部署に勤務する社員間のコミュニケーションがなかなか取れなくなる懸念があると思います。
そんな時は、例えば部会や定例会をWeb会議で開催することで違う拠点にいるメンバー同士が顔を合わせる機会を積極的に作り出し、業務報告や課題管理を顔を見ながら行うことでメンバー間コミュニケーションを増やします。
また、こういったツールを気軽に利用する環境が整えば、便利な勤務体系を利用しずらいと考えている社員にとっても、新しい勤務体系を利用するきっかけとなり、社員の満足度も向上します。

研修やセミナーなど拠点や人数にとらわれない社内サービス提供

研修やセミナーなど拠点や人数で格差のない社内サービス提供にWeb会議を

勤務場所の違いにより、社員向けサービスや施策に差が出てしまう、それが原因で魅力的な施策導入に踏み切れない、そんな心配事はありませんか?
例えば、全社的に導入したい研修があるが研修を開催できない場所に支店があったり、保健指導窓口を準備したいが特定の事務所の近くでは保健指導担当者が配置できなかったり。
このような場合は、Web会議を使った遠隔研修や相談窓口を準備することで、勤務場所にとらわれない、均一化された社内サービスを全社員に提供することができます。

Web会議システムは、特に新しい勤務体系導入に伴い顔を合わせる機会が減ってしまう社員のコミュニケーション改善に効果的な施策であり、営業業務や社内サービスとして社内外を問わず汎用的に利用する便利なコミュニケーションツールとしても積極的に利用できます。

Web会議の導入を初めて検討される方向けのコンテンツを集めたWeb会議入門ページです。利用する環境や機材、利用シーンや豆知識など、Web会議に関する幅広い情報をお伝えしています。「MeetingPlaza Web会議」ではお客様の導入検討からお悩み解決までワンストップでご提案いたします!お気軽にお問い合わせください。

TOPページに戻る