Web会議入門Web会議システムを活用したセミナー配信方法「ウェビナー」とは?

Web会議の利用シーン

Web会議システムを活用したセミナー配信方法「ウェビナー」とは?

動画配信の技術やツールが発達しているなか、ビジネスにもWeb会議などオンラインでコミュニケーションを取る方法が積極的に取り入れられています。
そのなかで、「ウェビナー」と呼ばれるセミナーコンテンツの配信方法が注目されています。
今回は、ウェビナーとはどのようなものなのか、メリットや配信時の注意点なども含めて見ていきます。

「ウェビナー」は多数にセミナーコンテンツを配信できるツール

「ウェビナー」は多数にセミナーコンテンツを配信できるツール

「ウェビナー」とは、WebとSeminarという2つの単語が合わさったものであり、オンライン上でセミナーコンテンツを配信すること、もしくはセミナーそのもののことをいいます。
Web会議システムが「ウェビナー」として活用されることも多く、高品質な音声や映像を用いてより多くの人がセミナーを聴講できます。また、参加者が随時コメント発信する機能を活用することで、セミナーコンテンツ配信者との積極的なコミュニケーションを図ることも可能です。

ウェビナーの汎用性は非常に高く、製品発表会や会社説明会、ビジネス講義など、幅広い目的で行われています。このウェビナーを上手に利用すれば、自社の商品やサービスの周知、ひいては効率的な集客が期待できます。

ウェビナーの配信方法の種類について

ウェビナーの配信方法の種類について

ウェビナーの配信方法や内容にはいくつかの種類がありますが、代表的なのは生中継による配信です。

生中継での配信は、通常のWeb会議やセミナーのように、決められた時間にリアルタイムで中継をして配信する方法です。この方法であれば、配信者に対して参加者が音声通話やコメントなどで質問をした際にも、その回答を得るといったやり取りも可能です。

また、配信の内容については、ウェビナーの目的などに合わせて以下のようなものがあります。

配信者の講義をそのまま配信する

配信者が講義を行う様子をそのまま映して配信する形態です。参加者はセミナー会場で直接講義を受けるような感覚で受講することができます。ホワイトボードを用いて配信者が説明を行うなど、オンライン上の授業のように進めることもあります。

PCに表示された資料を共有する

セミナー資料や説明する際の図などをPCで作成し、その資料を視聴者と共有する形態です。PCの操作画面をそのまま見せるパターンもあります。この方法は複雑な内容を取り扱う場合や、製品の使用説明を行う場合などによく用いられます。
ウェビナーはこれらの形態で進められることがほとんどですが、2つのパターンを組み合わせて配信される場合もあります。

ウェビナーを取り入れるメリット

ウェビナーを取り入れるメリット

ウェビナーを取り入れてセミナーを開催することには、多くのメリットがあります。
まずは、参加者側のメリットを紹介します。

開催場所や時間の制約がない

会場を利用するセミナーでは時間的に参加できなかったり、遠方まで足を運ぶのが難しかったりといった制約が出てきます。しかし、ウェビナーではこうした制約がなく、ネットワークが繋がる環境さえあればより多くの人が参加できます。

言葉や文章以外の情報を得られる

単に資料を読んだりするだけでは、相手の顔が見えずに不安になることもあります。その際、ウェビナーに参加すれば、セミナー講師の表情や話し方といった情報も得ることができるため、相手への信頼にもつながります。

説明を受けることで理解を深められる

資料だけでは理解しづらい内容も配信者の言葉や図などを用いた解説があれば、理解を深めることが可能です。また生中継の場合、わからないところは質疑応答ができるため、疑問もすぐに解決できます。

以下は、配信者側が得られるメリットです。

セミナーコンテンツ配信者側が得られるメリット

効率的な集客ができる

会場を使用してセミナーを開催する場合と違い、参加者が足を運ぶ手間や時間の制約がなくなることから、より幅広く多くの人を取り込むことができます。そのため、商品の周知や販路の拡大にもつながります。

会場の確保が不要

セミナー開催にあたっては、多くの人を収容できる規模の会場を確保する必要があります。それ自体も手間であり、さらに会場を借りる費用も支払わなければなりません。
しかし、ウェビナーならこうしたデメリットを解決できます。

膨大な情報を効率的に伝えられる

配信者側が伝えたい情報は、ときに膨大かつ複雑になることがあります。こうした膨大な情報も、ウェビナーできちんと整理して配信することで、効率よく伝えられます。

より人を惹きつける配信のポイント

より人を惹きつける配信のポイントウェビナーを開催する際、より参加者に伝わりやすく好印象を与えるために、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

見た目への気遣い

まずセミナー講師や説明者の身だしなみはきちんと整え、背景もごちゃごちゃしていないところを選びましょう。
こうした映像としての見た目に気を遣うことで、プラスのイメージを与えることにつながります。
また、セミナーで講義する内容や構成は事前にきちんとまとめておき、伝わりやすいように整理しておくようにします。

見え方への気遣い

見え方についてのポイントとしては、より顔をはっきり見せるために、照明を明るくしたり顔の下に白い紙や布を置いたりといった工夫をしてください。
そして、実際の配信ではどのように見えているか、音声の状態は適切かなどを事前によくチェックしておくことも大切です。
会社など社内の回線だけではなく、外部から接続したときのネットワークの状態も忘れずに確認しておきましょう。


Web会議の導入を初めて検討される方向けのコンテンツを集めたWeb会議入門ページです。利用する環境や機材、利用シーンや豆知識など、Web会議に関する幅広い情報をお伝えしています。「MeetingPlaza Web会議」ではお客様の導入検討からお悩み解決までワンストップでご提案いたします!お気軽にお問い合わせください。

TOPページに戻る