Web会議・テレビ会議入門テレビ会議とWeb会議(ウェブ会議)を比較!違いはどこにある?

Web会議を比べてみよう

テレビ会議とWeb会議(ウェブ会議)を比較!違いはどこにある?

テレビ会議とWeb会議(ウェブ会議)を比較!違いはどこにある?

今までの記事ではWeb会議の有料版と無料版の違いをご紹介してきました。
では、Web会議とテレビ会議で比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

Web会議とテレビ会議には明確に違いがありますが、実際には混同して認識されている場合も多いのが現実です。ここでは一般的に言われている両者の違いについて比較形式でご紹介します。

・Web会議とテレビ会議はどこに違いがあるのか。
・Web会議を使うメリットやデメリットはどこにあって、どんなシーンで使うべきなのか。
・どんな場面ではテレビ会議のほうがWeb会議よりも適しているのか。

この機会に様々な疑問を解決しましょう。

Web会議とテレビ会議の比較表

まずは比較表を使って、Web会議とテレビ会議の違いを見ていきましょう。

比較項目 Web会議(ウェブ会議) テレビ会議
機材 ・マルチOS/マルチデバイス対応Web会議サービスなら、ネット環境さえあればPC(ノート/デスクトップ)やスマートフォン(iphone/Android)、タブレット(ipad等)など、ほぼ全ての端末で利用が可能です。
※利用端末にマイク・WEBカメラ・スピーカー内臓でない場合別途機材は必要です。
・専用端末が必要になります。
ネットワーク ・クラウドサービスの場合、インターネットが利用可能な回線が必要。オフィス内LAN経由でもモバイルネットワーク経由でも問題ない場合がほとんど。 ・テレビ会議用に専用回線が必要な場合があります。専用ネットワーク網の検討・構築が必要な場合もあります。
利用シーン ・普段使用しているPCやスマートフォンなどを利用してWeb会議に参加します。(場所を選ばずいつでもどこでも利用可能。) ・テレビ会議の専用端末のある専用会議室に会議参加者が集まり利用します。
費用例 ・初期導入費
・必要があればWebカメラ/マイクスピーカー/ヘッドセットなど購入費
・月額固定/従量制サービス利用料(費用無料のサービスもあり)
・初期端末購入費
・端末設置・設定費
・必要があればディスプレイ購入費
・月額回線利用料
・月額サポート費
・月額利用料や年間ライセンス料
メリット ・場所や時間にとらわれず遠隔会議をすることが可能
・テレビ会議と比べ、導入や運用コストを抑えることが可能(コストパフォーマンスが良い)
・Web会議と比較して映像や音声の品質が優れていることが多い
・リモコンでシンプルな操作ができるため気軽に利用が可能
デメリット ・テレビ会議と比べると、映像・音声の質が劣る場合がある ・決められた場所でしか、会議を行えない
・端末が設置されている会議室が空いていないと利用できない
・専用端末が必要なため、同じ端末が無い取引先や新しい支店等との会議には使えない場合が多い
・専用回線が必要なため、回線工事が必要になる場合がある

上の比較表をご覧になると、Web会議(ウェブ会議)とテレビ会議のそれぞれの特長や、今ご自身で使うとしたらどちらが適しているのかイメージが膨らんできたのではないでしょうか。

2つのパターンでテレビ会議とWeb会議(ウェブ会議)を比較してみましょう

2つのパターンでテレビ会議とWeb会議(ウェブ会議)を比較してみましょう

パターンA:
『本社が東京、支社が大阪とアメリカにあります。いつも決まった時間に定例のミーティングを行いたい。』

定例でのミーティングなのであれば、ミーティングに参加する人や人数・拠点の数、開催される日時が決まっていることでしょう。その場合、事前に会議室は予約され、参加メンバーのスケジュールも確保されているはずです。決まった時間に、個々人が抑えられた会議室に集まり接続をする。画面の向こうには、各拠点の会議室の様子が映し出されます。

このパターンAの場合は、テレビ会議でもWeb会議でもどちらでも利用できます。

パターンB:
『あなたは、今アメリカに海外出張にきています。日本の本社から国際電話がありました。取引先から連絡があり、急遽すぐに打ち合わせを行いたい、との打診がありました。あなたが会議に参加することが必須とのことですが、あなたは来週いっぱいまでアメリカにいなければいけません。』

手元にはPCとWiFiのネットワーク環境しかありません。取引先にも、あなたの会社にはあるテレビ会議用の専用端末がありません。会議をするために日本に戻ることもできない状況です。
この場合では、PCとWiFi環境があればWeb会議を行うことができます。あなたは、出張中の空いている時間を探しWeb会議の時間を設定し取引先に連絡をする。Web会議の開催時間になったら、少し静かな場所を見つけてPCを開きます。画面には取引先、日本のオフィスにいる同僚がおり、会議が始まります。

パターンBの場合は、テレビ会議は専用端末がないために利用はできませんが、上記のようにWeb会議であれば問題なく会議を行うことができます。

目的別のWEB会議とテレビ会議のおすすめな利用方法は?

テレビ会議の利用でおすすめなのは、社内や支社間で行われる定例の会議です。専用端末が必要なため、端末がある会議室などでしか利用ができないデメリットは確かにあります。しかし、決まった時間・決まった人と行う会議の場合に関しては、リモコンのボタン一つで始められることや音声や映像の品質がWeb会議と比べて高いことを考えると、テレビ会議がおすすめだと言えます。

一方で、Web会議の利用でおすすめなのは、

・営業活動で遠隔地の企業と顔を合わせてので提案・打ち合わせを行いたい
・突発的に、社内や社外での遠隔会議が必要になることが多い
・社内の会議室が少ない/予約が取りにくい
・初期投資なく、遠隔会議を行いたい
・1対1はもとより、多拠点でも会議を行いたい
・遠隔会議の環境が無い取引先・支社と会議がしたい

等、ほぼ全てのご要望のシーンにておすすめできます。

時間や場所にとらわれず、汎用性の高いWeb会議が、ビジネスの利用シーンでは使い勝手が良いといえます。

Web会議のポイント
Web会議のメリットは、利用する場所が自由に選べること、ゲスト参加が気軽に行えること、初期投資が少ないことです。在宅勤務やモバイルワーク中の社員なども合わせて、誰もが利用しやすい遠隔コミュニケーション環境が構築できます。テレビ会議施設の運用メンテナンスも不要になる点も大きなポイントとなります。

MeetingPlaza Web会議では、無料トライアルでは豊富な標準機能を全てお試しいただけます。
セキュリティ対策としても安心なオンプレミス版のトライアルにも対応しています!お気軽にご相談ください。

Web会議のトライアル申込みはこちら Web会議のお問い合わせはこちら
Web会議(ウェブ会議)・テレビ会議システムの導入を初めて検討される方向けのコンテンツを集めたWeb会議入門ページです。利用する環境や機材、利用シーンや豆知識など、Web会議に関する幅広い情報をお伝えしています。「MeetingPlaza Web会議」ではお客様の導入検討からお悩み解決までワンストップでご提案いたします!お気軽にお問い合わせください。

TOPページに戻る